LOGO
[住所]
〒363-0016
埼玉県桶川市寿2-11-21

[TEL]
048-772-9775

[営業時間]
10:00~21:00

[定休日]
土曜日・日曜日・祝祭日

  • 講師紹介
  • 年間のイベントについて
  • よくある質問

HOME > スクールブログ > アーカイブ > 2017年8月アーカイブ

スクールブログ 2017年8月アーカイブ

サマーレッスン 2017

appleCharles先生を招いてサマーレッスンを開催しました。参加してくれた生徒さん、ありがとうございました。Charlesが、あなたの生徒はとてもいい子だね、本当にあなたはラッキーだと言ってくれました。以前来てくれたReeceにも同じ事を言われました。とても嬉しかったです。暗誦を披露してくれた低学年の皆さん、頑張りましたね!クッキングも楽しく取り組めました。S君のリクエストでお菓子のお家を作りましたが、当のご本人が難しいよ~面倒だな~ああ~~壊れちゃったよ~~と連発していてChargesに笑われていましたね。最後にUNO大会。大きいほうのS君の勝利!小さいほうのS君が負けました(笑)お疲れ様でした!


IMG_1918.JPG



サンタバーバラ大学へ!

sun 元生徒のH君は私の行くシトラスカレッジに通っていましたが、9月からUCSB(サンタバーバラ大学)へトランスファーします!高校生の時には私がシトラスカレッジに行くけどH君がそこに通えたら会えるよね!と話していたことが現実になり、私の旦那の出身校のサンタバーバラ大学に行くことに決まって。なんだか何か目には見えない糸でつながっている気がしてなりません。

今回は一日エクスカーション(遠足)だったので、ほとんど自由時間がなかったのですが、夕飯を一緒に食べることが出来ました。山田先生には本当にお世話になりました。またサンタバーバラにも来てくださいね!と。8月いっぱいは今のアパートにいるそうですが、9月の授業が始まるまでニューヨークに行った友人のアパートにお世話になるとの事です。海外の大学で頑張っている元教え子がいること、本当にうれしく思います。タイ料理のお店に連れていってもらいましたが、辛くてスパイシーなものを食べたいからこれ!と私が即決するち、先生~~相変わらず大胆ですね~僕はここではカレーが美味しかったからカレーしか頼まないんですよ。他の料理を冒険するのは怖すぎです~~と笑っていました。彼のお母さん世代の女性の中でダントツで私が一番勇敢だそうですhappy02 次に会えるのはいつになるかな。。。どこにいてもいつも応援しているからね! Good luckheart04IMG_0359.JPG

ホストファミリーとの再会

clover 今年の春のツアーでお世話になったSusanさんのお家。今回もお世話になることになりました。カレッジに到着すると生徒たちのホストファミリーが私たちの到着を心待ちにしていてくれました。Susanの姿を見つけた私は、Hi! Susanheart と駆け寄ってハグすると、Susanは涙を浮かべていましたcrying

今夜は私とマユミだけで外食するわよ。旦那さんのお腹の調子がよくなくて、二人で食べてくればと言ってくれたそうです。彼女も私もシーフードが大好きなので、チャイニーズレストランに連れて行ってもらいました。美味しいエビや魚を沢山頂きました。2年間ホームステイしている中国人の生徒の話や、ステップマザーの話など、色々な話を聞きました。Sorry I complained a lot と言いながら、聞いて欲しい事が出てくる出てくる(笑)ホストファミリーをする前には孤児を預かっていたとても慈悲深い人です。義理のお母さんに酷いことを言われても、ずっとお世話をしています。一人娘の息子(孫)も一緒に住んでいて(娘さんは離婚していて、ボーイフレンドと同棲しているため、彼女が孫のお世話をしています)。。。自分の本当のお母さんは早くに他界され、お父さん子だったというSusan。そんな大好きなお父さんも数年前に他界され、とても辛い時間を過ごされたそうです。以前は教会に行っていたそうですが、神様が私の父を奪ったの。神様にジェラシーを感じるからそれ以来私は教会に行かないのと笑っていました。
私が、旦那との新婚旅行、にサンフランシスコからロサンゼルスまでドライブを楽しんだと話すと、彼女たちも同じルートを辿ってハネムーンを過ごした事が判明(笑)。毎回夕飯時にはとりとめのない話が止まらなくて・・・他の添乗員さんからのLINEがあって、ああ!ごめんなさいね。長話しちゃってるから仕事がはかどらないわね~とSusan。

最初にお世話になったDayleさんにも会って来ました。そしてお誕生日プレゼントを頂きました。

カリフォルニアに私を待ってくれている人たちがいる。。。幸せだなぁとしみじみ思った今回の引率でした。Susan、Dalys,ありがとう!


IMG_1920.JPG

フラートン短期留学

sun7月23日から17日間フラートン大学の寮で英語レッスンとエクスカーションのプログラムの引率に行って来ました。中1から高2までの24名の生徒さんの引率。毎回思う事は、日本人のコニュニケーション力の乏しさですが、今回はみんなそれぞれが頑張ってコミュニケーションをしようと努力していて、うれしく思いました。
 ロシア人とルームをシェアしていた中2のK君のお話・・・ロシア人は自分の主張を貫く、人の話を聞かないと現地スタッフから聞いていましたが、まさにそんなロシア人の男子とルームをシェアしていました。寮では朝7時から朝食をとって、8時半に英語のレッスンに向かっていました。K君はいつも6時に目覚ましをかけて7時には朝食に向かっていました。しかしルームメイトのロシア人の男子からアラームをかけるなと言われたそうで・・・彼は朝食を食べずに8時半ギリギリまで寝ていたいそうで、K君のアラームが迷惑だと言い張っていました。K君はとても穏やかな性格ですが、自分は6時に起きないといけないからと英語で何とか伝えたそうですが、二人とも英語は第2か国語のため、スムーズにコミュニケーションが取れなかったそうで、グーグル翻訳を使って喧嘩をしたそうです(笑)。結局どちらも折れる事が出来ず、平行線のまま。。。結局K君は一人部屋のR君に頼んで部屋を移りました。穏やかなK君ならではの喧嘩だったのでしょう。頑張って自分の意見を伝えようとする姿勢は素晴らしいと思いました。

さて、次は、膀胱炎になりかけたMちゃん。時差ぼけがやっと治って来た金曜日の夜中に彼女のお母さんから電話がありました。12時半を回っていた頃だったので私は爆睡中。。。お母さんは、今娘から電話があり、添乗員さんたちを起こすのは申し訳ないからと自分にかかってきた。娘はおそらく膀胱炎になりかけているので、明日病院にいて欲しいとの事でした。電話を切ると、すぐにMちゃんが私の部屋に来て、すみません、今オフィスに行ったら、今から病院に行ってくれるそうなので、一緒にお願いしますと。二人とも寝巻のまま、病院に向かいました。Mちゃんの判断が早かったおかげで、痛み止めと抗生物質をもらってすぐに回復しました。翌日のユニバーサルスタジオには元気に参加することが出来ました。良かった良かった。Mちゃんは一度膀胱炎になった経験があり、これ以上我慢すると大変な事になると判断したそうです。異国の地で、病院に行くことは勇気のいる行動だったと思いますが、きちんと自分の意見を伝えたMちゃんに感動しました。

続きはのちほど・・・写真はハンティントンビ―チです。空がとっても綺麗でした!


IMG_0503.JPG


 

Lesson for September


tulip9月のレッスンは下記の通りです。宜しくお願い致します。

Monday  4,11、18、25
Tuesday   5,12,19、26
Wednesday  6,13,20,27
Thursday   7,14,21,28
Friday   1,8,15,22,29

apple第2回英検およびジュニア英検は見送らせていただきます。申し訳ありませんが、英検受験希望者は学校またはネットでお申し込みください。宜しくお願い致します。尚、英検受験対策は実施しますので、受験される生徒さんはその旨をお知らせ願います。



ロサンゼルス引率第一弾

sun 皆様、おひさしぶりです。月曜に帰国しました。久しぶりのレッスンでみなさんの成長が垣間見れ、嬉しく思いました。ちょっとハードルの高い宿題もみんな頑張ってくれました。夏休みは成長の時期でもあると思います。普段できない事にチャレンジしてほしいと思います。

さて、今回の珍道中は明日からの第2弾が終わってからゆっくりと書きたいと思いますが・・・ビバリーヒルズにジャスティンビーバーが来た!という情報を私たちがそこを散策した二日後に聞きました!残念~~~

10日前に空けたドリンクを寮の机に放置していて、それを飲んで三回もベッドで吐いてしまった生徒、膀胱炎になりかけた生徒を夜中の緊急病院に連れて行ったり、女子のあるある仲間われの仲裁、洗濯ババアに徹したり’(笑)本当に色々ありましたが、今日は旦那さんの実家に行って来ます。そして14日にまたロサンゼルスに戻ります。毎回色々ありますが、現地で知り合った方たちとの交流はとても貴重な体験でした。
一年ぶりにあって、Hi! How are you? I remeber you! と言って迎えてくれる現地スタッフの明るさに元気をいっぱいもらいました。

今度はホストファミリーに滞在して頑張って来ます。それでは皆様、See you son!



1

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ | 2017年9月 »

このページのトップへ